人材不足もSDGsで解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs 就活

From:SDGs支援機構 河上伸之輔

学生と一緒に準備してきた「SDGs×就活」交流会を昨日開催しました。

改善点はいっぱいありますが、参加者の満足度がとても高かったです。

アンケートに25件書いてもらった結果、次回も参加したい率100%の大成功。
また、一緒に運営していきたいという学生も8名もいたので、次回も開催できそうです。

 

学生達からは、

  • 「SDGsを推進している企業って東京にしかないと思っていた」
  • 「中小、なかなかやる」
  • 「もっと他の企業も聞いてみたい」

などの感想をいただきました。本当にやってよかったです。

 

終わった後に、主要スタッフの学生と打ち上げをしましたが、幸せだよねという話をしていました。

なんでこんなイベントをやろうかと思ったかというと、学生たちにSDGsの講演によんでもらった時に

「就職フェアにいったけど、SDGsのこと言っている企業は
200社のうち1社しかありませんでした。
企業はあんまり関心ないんですかね」

と言われたことがきっかけです。

僕は講演活動や中小企業に対してSDGsを事業経営に取り入れるというコンサルティングを行なっていますが、企業はまさに仕事において社会に貢献したいという学生に来てほしいと思っているのに、ちゃんと届いていないということがわかりました。

 

本当は両思いなのに、

  • お互いの思いが伝わっていない、
  • 出会えていない

というものすごくもったいないことが起こっています。

 

そこで学生と一緒に、社会に貢献したいと思っている学生と、SDGsを経営に取り入れている会社が出会えるような就職イベントを開催したいと企画しました。

 

今回は、コマニーさん、宗重商店さん、数馬酒造さん、加賀建設さん、大幸建設さん、キャロットホームさん、金沢QOL支援センターさん、VISTさん、家元さん、こみんぐるさん、たけもと農場さん、石田屋さんの12社。学生は40名が来てくれました。

 

まだまだ良い会社がたくさんあります。社会に良い会社に学生が集まるような社会にしていきたいと考えています。次回は10月に開催を準備中。

 

ご興味ある学生、企業の方がいらっしゃたらお問合せからご連絡ください。

 

あとは、これを全国に広げていきたと考えています。
企業でやりたいところはいっぱいあると思いますが、要は主体となって動く学生がいるかどうか。

できそうな人いたら、今回作った企画書等いろいろお渡しします。
もしくは、自分の地域でもやってみたいなという学生さん、お問合せからぜひ連絡ください。

SDGs

SDGs 就活

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

パートナーシップを最初に組むべき相手とは?

SDGs企業事例|食品|TABETE

前の記事を見る

パートナーシップを最初に組むべき相手とは?

次の記事を見る

SDGs企業事例|食品|TABETE

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA