無料|11/15 今年最大のSDGsシンポジウム開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs

From:SDGs支援機構 代表理事河上伸之輔

今年最大のイベントをいよいよ公開です。

無料申し込みはこちら

↓シンポジウム詳細を動画でみる↓

無料申し込みはこちら

 

11月15日金曜日、慶應義塾大学三田キャンパスにおいて
「SDGs×幸福×経営」のシンポジウムを開催します。

これまでSDGs支援機構では中小企業において、事業の成長と持続可能な世界が両立するような「SDGs経営」を推進してきました。今回はここに「幸福」という概念を加えたシンポジウムです。

 

企業がSDGsを推進することの効果とは何でしょうか?

  • ブランディング?
  • マーケティング?

いろいろな観点がありますが、企業がSDGsを推進することの最大の効果は人が幸せに働くことができるということだと考えています。

自分たちの事業が成長することで世界がよくなると実感できたら。
働く人にとっても、また経営者にとってもこれほど幸せなことはありません。

SDGsに本気で取り組んでいる企業を訪問すると、社員さんたちが幸せそうに働いているのがとてもよくわかります。そしてそういう会社は業績も伸びています

そんな会社を増やしたいと思い、SDGs支援機構を立ち上げました。

開催に当たって

今回の「SDGs×幸福×経営」シンポジウムでは日本の幸福学の第一人者である慶應義塾大学大学院の前野隆司教授に多大なるご協力をいただいております。

実は幸せの研究は学術的にも進んできて人がどう考えれば、どう行動すれば幸せを感じることができるかということもわかってきております。また人が幸せに働くことによる効果というものも研究されました。

 

詳しくはシンポジウムでお話がありますが、幸せに働いている人はそうでない人と比べて生産性が3割高く、クリエイティビティに関しては3倍高いというデータがあります。

人が幸せに働くことが実は企業の業績にも影響するということです。

これからAIやロボティクスが発達することで人の仕事は、よりクリエイティビティが求められるようになります。これからの時代は人が幸せに働く環境を作ることができないと企業が存続できないということです。

今回のシンポジウムではさらに深く「SDGs」と「幸福」と「経営」について考える場にしたいと考えています。

ご登壇者

慶応義塾大学大学院教授 前野隆司先生

産業廃棄物処理業界に革命を起こした 石坂産業 石坂典子社長

第2回ジャパンSDGsアワード特別賞受賞 SUNSHOW GROUP 西岡徹人社長

 

そして

 

私、一般社団法事SDGs支援機構 代表理事の河上伸之輔です。

今回、参加費はなんと無料です定員に限りがあり座席を増やすことはできません。
ぜひすぐにお申し込みください。

 

→無料申し込みはこちら

論語と算盤

SDGs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

遂に「幸福」が国家予算化決定!

SDGsで企業価値は向上するのか?

前の記事を見る

遂に「幸福」が国家予算化決定!

次の記事を見る

SDGsで企業価値は向上するのか?

関連記事