日本のSDGsの認知は28ヶ国中最下位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界経済フォーラムがSDGsの認知度調査を行なっていましたので、
結果をご紹介します。

28ヶ国、16歳から74歳までの約2万人が調査の対象となり、
日本では約1000人が調査対象となったようです。
 
認知度について5段階の項目から選ぶ方式で実施されました。
言語によって表現は難しいですが、以下のような結果となりました。

  • とてもよく知っている
  • よく知っている
  • 知っている
  • 聞いたことがある
  • 聞いたことがない

また、SDGsを少しでも聞いたことがあるという人は、
世界平均では74%ほどであるのに対し、
日本は49%ほどと、まだまだ知られていないようです。

一方、トルコ、中国、インドでは、
SDGsを聞いたことのある人の割合は9割近くとなり、
ほとんどの人が聞いたことがあるとの結果となっています。

以下28各国の調査についてまとめました。

ここ1年くらいで日本の認知度や関心度は高まっていた
という認識を持っていましたが、
世界の中ではまだまだ出遅れているのが現状のようです。

 

出典:世界経済フォーラム 2019年9月23日 記事より
https://www.weforum.org/press/2019/09/global-survey-shows-74-are-aware-of-the-sustainable-development-goals/

sdgs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

農業×福祉のカタチ「ノウフクJAS」

年間15億着-アパレルの廃棄問題に挑む「Rename」

前の記事を見る

農業×福祉のカタチ「ノウフクJAS」

次の記事を見る

年間15億着-アパレルの廃棄問題に挑む「Rename」

関連記事