おにぎりを食べるだけで世界がちょっと良くなる「おにぎりアクション」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おにぎりアクション

10月16日は国連が制定した「世界食料デー」です。日本でも2008年から「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、飢餓や食料問題について考え、行動していく1ヶ月としています。

NGOや政府系機関が主体となる取り組みもたくさんありますが、今年は企業の取り組みも目立っています。中でも大きなプロジェクトとなっているのが、TABLE FOR TWOが運営する「おにぎりアクション」。おにぎりを食べている写真を投稿するだけで、開発途上国に5食分(100円相当)がスポンサー企業より寄付されます。

おにぎりアクション詳細はこちら

現在、12万枚の写真が投稿され、60万食以上の給食が寄付されています。

日産、オイシックス、ミツカン、ベネッセ、旭化成ホームプロダクツ、伊藤園、いちほまれ(福井県のブランド米)、あわら市、象印、などがスポンサーとなっています。

TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組むことを目的として事業をスタートしています。社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金のうち20円が寄付となり、餓えに苦しむ世界の子どもに給食1食分がプレゼントされます。

最新の調査では、世界の飢餓人口は8億5000万人。一方で、肥満人口は20億人いるとされています。サハラ以南のアフリカでは4人に1人以上が慢性的な飢餓に、世界で最も人口が多いアジアでは5億2600万人が飢餓状態にあります。TABKE FOR TWOではこれまで、7700万食の給食を届けることができています。

企業が社員食堂でTFTメニューを導入することによって、働く人の健康を維持することで「ゴール4 飢餓をなくそう」、途上国の子どもの飢餓を救うことで「ゴール2 飢餓をなくそう」に貢献できます。

詳しくはTABLE FOR TWOのHPより

SDGs

おにぎりアクション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ご存知ですか?環境負荷が最も少ないエシカルパソコン

今晩(月)19時~LIVE配信|今すぐこんなパソコンでSDGsしてみませんか?

前の記事を見る

ご存知ですか?環境負荷が最も少ないエシカルパソコン

次の記事を見る

今晩(月)19時~LIVE配信|今すぐこんなパソコンでSDGsしてみませんか?

関連記事

SDGs

SDGsと企業経営

From:中村洋介 行きすぎた資本主義経済の終焉と企業の存在意義 行きすぎた資本主義経済は、株価

記事の続きを読む