今更聞けないSociety5.0とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
society5.0

From:河上伸之輔

  • 一度は聞いたことがあるけどよくわかっていない…
  • 一体SDGsとどう関係あるの?

それが、多くの人にとってのSociety5.0ではないかと思います。

日本政府の進めるSDGs推進本部会議でまとめられた「SDGsアクションプラン2019」にもSociety5.0の推進が1つの柱となっています。
また、経団連の企業行動憲章の改定にあたってもSociety5.0の実現を通じたSDGsの達成を柱とすると書かれています。
そして、内閣府のページでもSociety5.0をわかりやすく説明しようとしてくれてはいます。

しかし、一回読んだだけでは理解しにくくイメージしにくいSociety5.0。

そこで、今回の記事ではわかりやすくSociety5.0まとめてみました。

Society5.0とは?

Society5.0とは、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会課題の解決を両立する、人間中心の社会を表しています。

  • 狩猟社会(Society1.0)
  • 農耕社会(Society2.0)
  • 工業社会(Society3.0)
  • 情報社会(Society4.0)

に続く、新たな社会を目指すもので、「超スマート社会」と呼ばれています。
第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

 

Society5.0によってどんな社会になるの?

これまでの情報社会では知識やデータは蓄積されていくのですが、分野ごとの連携が不十分であるために、溢れる情報から必要なものを見つけ出せないということが起こっていました。

Sociery5.0の社会では、すべての人とモノがインターネットでつながり、知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を見出すことを目的としています。

具体的に言うと、これまでの情報社会では人がインターネットを経由して、たくさんの情報が蓄積してあるデータベースにアクセスして情報を入手するというものでした。

それに対しSociety5.0は、あらゆるモノについたフィジカル空間のセンサーが自動的にサイバー空間に蓄積され、このビッグデータを人工知能(AI)が解析し、その結果がロボットなどを通じてフィジカル空間にフィードバックされるというものです。

文字で説明するとわかりにくいですが、未来の様子を表した政府制作の動画がわかりやすいのでこちらからをご覧ください。

Society5.0とSDGsの関係

ではなぜSocuety5.0とSDGsが関連づけてとりあげられることが多いのか考えましょう。

世界を取り巻く環境を見ていきますと世界中で経済発展を遂げ人々の生活は便利で豊かになってきました。一方でエネルギーや食料の需要が増加、高齢化が進んでいます。

また経済のグローバル化にともない、国際的な競争が激化し、資本の格差も広がっています。このように解決するべき社会課題は複雑化しています。従来の社会システムでは経済発展と社会課題の解決を両立させることは難しくなってきました。

Society5.0 ではIoT、ロボット、AI、ビッグデータといった社会のあり方に影響を及ぼす新たな技術を用い、経済発展と社会課題の解決を両立させる取り組みです。

例えばモノの需要をAIが予測することにより作りすぎがなくなればコストと環境を両立させることができますし、日常生活の中に組み込まれたセンサーから病気を予防することで医療費を削減しながら健康寿命が伸びます。

このようにいろいろなトレードオフを技術で解決することで、人がより豊かに生きることができる社会となります。

PS

SDGsを通して誰もが豊かに、幸せに生きる為に。

11月15日慶應義塾大学三田キャンパスにて

・幸福学の日本第一人者 前野隆司先生
・産業廃棄物処理業界のジャンヌダルク
石坂産業 石坂典子社長
・第2回ジャパンSDGsアワード特別賞受賞
SUNSHOW GROUP 西岡徹人社長

以上、3名の豪華登壇者をお招きし
SDGsと幸福を実現するための企業経営について
シンポジウムを開催いたします。

参加無料 要事前申込み
今すぐ申し込む→詳細はこちら

sdgs

society5.0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

SDGsをわかりやすく言うと?

目標12|使い捨てプラスチックがオリンピックの〇〇〇に

前の記事を見る

SDGsをわかりやすく言うと?

次の記事を見る

目標12|使い捨てプラスチックがオリンピックの〇〇〇に

関連記事