SDGs企業事例|食品|tabeloop

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs tabeloop たべるーぷ 食品ロス

From:河上伸之輔

今回インタビューさせて頂いた「tabeloop」さんでは、売り手と買い手をつなぐフードシェアリングプラットフォームを構築していらっしゃいます。

日本では現在年間646万トンの食品が捨てられていて、家庭での食べ残しなどの廃棄が289万トン、生産や製造過程で発生する規格外品や小売店での売れ残り、飲食店での食べ残しなど企業での廃棄が357万トンもあります。

日本のお米の生産量は年間約800万トン、漁獲量は年間450万トンですから、どれだけの量の食品が捨てられているかがわかります。

この量をもう少し細かく計算すると、日本の国民一人当たりに換算すると年間約53キログラム、1日にお茶碗一杯分の食べ物を無駄にしていることになります。<

国連WFP(World Food Programme)が行なっている食料援助は年間約350万トンほどですので、世界の食料援助の倍近くの食べ物が日本では捨てられているという計算になり、これを「食品ロス」と言います。

それでは、tabeloopさんでは一体どのようにこの問題解決に挑戦されているのかインタビューをご覧ください!

ルーツは「お菓子の詰め合わせ販売」だった

「tabeloop」さんは元々は、小売店で賞味期限が近くなって店頭に並ばなくなったお菓子を詰め合わせで販売する「SWEETS POCKET」という取り組みからスタートされました。

食品流通業界の商慣習として3分の1ルールというものがあり、食品の製造日から賞味期限までを3分割し、

  • 製造から3分の1までに納入、
  • 販売期限は賞味期限の3分の2まで、

賞味期限から3分の1経っても納品されなかった食品、賞味期限から3分の2が経っても販売できなかった食品は、一部は量販店などで格安で販売されるものもありますがほとんどは廃棄処分をされていました。

「SWEETS POCKET」では賞味期限の3分の2を過ぎて廃棄されてしまいそうになったお菓子を詰め合わせで販売していましたが、次第にお菓子だけではなく、お客様の要望から取り扱いが増えていったのがtabeloopの始まりだそうです。

「tabeloop」が目指しているもの

tabeloopでは、事業系で発生する食品ロス357万トンを削減することを目的としています。
主な食品ロスの発生する原因としては、一次産業に置いて発生する農産・水産物のロス(作り過ぎ、採れすぎ)

メーカーによる流通の際の汚破損により販売できないおの卸からメーカーへの返品、小売から卸への返品などがあり、賞味期限が近づいた食品だけでなく、輸送の際に箱が潰れてしまったというものも廃棄されてしまいますし、農作物や水産物も取れすぎると価格が安くなり輸送コストの方が高くなってしまうために廃棄するということもあります。

tabeloopでは、売り手と買い手をつなぐ為に、従来から取り扱っていた加工食品だけでなく、農家や漁師さんから取れすぎたものをそのタイミングだけ販売して、それを飲食店などが購入するというフードシェアリングプラットフォームの流れを構築することで、食品ロスの問題解決に挑戦し、

売り手からは最大15%の手数料を取得しすることで、その一部は国連食料農業機関(FAO)などに寄付する。というビジネスだからこそできる持続可能な仕組みを実現されています。

購入する飲食店には理念に共感してくれた方が多く、安く買えるから使うというだけではなく、捨ててしまうものを使うことで食品ロスを減らしたいと考えている人が多いそうで「tabeloop」の取り組みを通じて、食品ロスを削減しようという共感の輪が広がっています。

河上伸之輔


食品ロスについては目標2「飢餓をゼロに」と、目標12「つくる責任 つかう責任」でも詳しく解説しているので是非一緒に合わせてご覧ください。

目標2 飢餓をゼロにわかる!17の目標【目標2 飢餓をゼロに】


SDGs 目標12 つくる責任つかう責任わかる!17の目標【目標12 つくる責任つかう責任】

sdgs

SDGs tabeloop たべるーぷ 食品ロス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

SDGs企業事例|リサイクル|リクル

SDGs目標11|SDGsで事業を成功させたい人は他にいませんか?「丹羽青年会議所」【SDGsジャーナル】

前の記事を見る

SDGs企業事例|リサイクル|リクル

次の記事を見る

SDGs目標11|SDGsで事業を成功させたい人は他にいませんか?「丹羽青年会議所」【SDGsジャーナル】

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA