SDGs実践の手引き「アパレル業界とSDGs」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:SDGsジャーナル 河上伸之輔


アパレル業界は主に衣類の製造と販売に分かれます。
さらに、製造といっても衣服を加工する最終工程だけでなく、生地をつくる、ボタンやファスナーをつくる、生地を作るための繊維を作るなど分業が進んでいることが特徴です。

 

廃棄を減らす

日本で1年間に販売される服は約30億着、そのうち半分程度が、なんと新品のまま捨てられているというデータがあります。
販売において売り逃しをしたくないために、売り切れにならないように多めに在庫を持ちます。サイズやカラーなどがたくさんあると、売れ残る割合も増えてしまいます。値段を下げて売り切ることも行いますが、ブランドによってはブランド価値を下げたくないために安売りするくらいなら廃棄してしまうということもあります。

服を製造する際には、材料だけでなく、多くの水を使用し、CO2を排出しており、アパレル産業は世界第2位の環境汚染産業と言われています。
販売数を下げずに製造数を下げることができれば、環境負荷は軽減されますし、廃棄になる製品を製造していたコストが減りますので、アパレル業界の利益も上がるはずです。AIによる需要予測であったり、発注から製造し店舗に届くまでの期間を短くすることができれば在庫を減らすことができます。

もちろん、このようなことはこれまでも考えられてきたわけですが、SDGsの関心が高まる中で、メーカーや販売店が協力してこのような課題に取り組んでいくことが求められています。

 

リユース・リサイクル

アパレル業界のほとんどは新品の衣服を販売していますが、消費者の価値観は変わってきており、リユース品の抵抗も減り、また環境負荷を考えてリユースがあるならリユースを選ぶという消費者も増えております。

また、前出の新品のまま捨てられる衣服をリメイクして販売するという企業も現れています。メーカーが自社商品を回収し、原料に戻してから再度製品に加工するということも始まりました。

今後は、製造の際にも、よりリサイクルのしやすい材料であったり製法を行うということが必要です。

 

関連記事