SDGs実践の手引き「プラスチック加工業とSDGs」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:SDGsジャーナル 河上伸之輔


海岸に打ち上げられるプラスチックゴミ、海亀の鼻にプラスチックストローが刺さった映像がSNSで拡散するなどして、近年、プラスチックの海洋汚染に注目が集まってきました。
日本でも2020年7月からレジ袋の有料化、2022年4月からはプラスチック資源循環法が施行され、一部の使い捨てプラスチック製品は有料化されることとなりました。

プラスチックの問題に注目が集まったのは良い傾向ではありますが「プラスチック=悪」「使い捨てプラスチックストロー=悪」というイメージが過度についてしまっているのではという懸念もあります。
この課題に関してはプラスチック業界全体で取り組んでいく必要があります。

プラスチック加工業と一括りにしても、コップや玩具などのプラスチック製品の製造、電化製品などのプラスチック部品の製造、また包装資材などの使い捨てプラスチックの製造などがあります。

 

プラスチック部品の製造

プラスチック加工業者の中でも一番多いのが、プラスチックに関する部品を作っているところです。電化製品、自動車、住宅、生活のあらゆるところでプラスチックが使われています。安価で整形がしやすいという特徴から大きく普及していきました。

世の中でSDGsへの関心、脱プラへの関心が高まっている中で、あらゆる製造業者でもプラスチック部品の見直しが行われていきます。プラスチック部品が木やその他の素材に置き換わるものもありますが、多くの場合は価格や機能性を考えてもプラスチックが使われ続けると考えます。

そんな中で世の中の流れに対応していくためには、プラスチック部品のリサイクル率を高めていくということが必要です。これまでは、プラスチック部品は価格や機能性について考えられてもリサイクルという観点は大きくありませんでした。
今後は、同じプラスチックでもリサイクルのしやすさ、リサイクルによる劣化のしにくさなども求められていきます。
電化製品や自動車のメーカーとパートナーシップを組んで、分別がしやすい、リサイクルがしやすい製品の製造を研究していくことで、メーカーとのより強いつながりもできますので、チャンスにもなり得ます。

 

使い捨てプラスチックの製造

安価で加工がしやすく衛生的でもある使い捨てプラスチックは生活のあらゆる場面で使われてきました。しかし、この業界に急激な逆風がふいています。この流れがとまることはありません。
しかし、これまで使い捨てプラスチックを使っていたものが、急に代替素材がみつかるというわけではありません。
業界全体や行政や研究機関なども一体となって生分解性プラスチックなどの研究が必要となっています。

 

関連記事