〜新しい資本主義のありかた〜

今すぐ参加申込みをする

〜新しい資本主義のありかた〜

第3回SDGsx幸福x経営xシンポジウム

2020

11/12

(木)

13時〜17時

スポンサー

プログラム

新しい資本主義のありかた

13:00-14:50

渋澤健氏
日本資本主義の父渋沢栄一氏の玄孫
コモンズ投信(株)
取締役会長 兼 ESG最高責任者

前野隆司氏
幸福学研究の日本第一人者
慶應義塾大学大学院教授

新井和宏氏
共感資本社会の実現を目指す
(株)eumo 代表取締役

これまでの資本主義は貨幣を基盤として発展し、国はGDPの拡大を求め、企業は売上・利益の最大化を目的に、人はお金を重視する生活を送るようになりました。

大量生産・大量消費・大量廃棄の社会が形成される中で貧富の差が拡大し、環境は破壊され、各地で紛争や奪い合いが起こっています。

このような事実を目の前に「このままではいけない、今の社会システムは持続不能である」と多くの人が気づき、社会システムを変革する為に行動し始めています。

新しい資本主義ではその基盤は貨幣から何へと変わるのか?

そう考えるとき、信用、共感、つながり、情報、知恵さまざまなキーワードが思い浮かびます。しかし、それらは現在の企業の決算書には表れない目に見えないものでありまだ明確には定まってはいません。

そこで今回は、メインプログラムに今年3月の第3回シンポジウムにご登壇頂いた幸福学の第一人者である前野隆司氏。渋澤栄一の玄孫でありその考えを現代に合わせた形で伝える渋澤健氏の両名に加え「共感コミュニティ通貨eumo(ユーモ)」のサービスを開始された新井和宏氏をお招きし、前野隆司氏、渋澤健氏と共に、SDGs支援機構代表理事 河上伸之輔がモデレーターとなり「新しい資本主義のあり方」について皆様と一緒に考えるシンポジウムを開催致します。

●社会課題の本質と共感の本質
●持続可能な「いい会社」とは
●企業の存在意義の変化
●豊さと幸せの相関関係
●数字とお金で測る価値の終焉
●競争社会から共創社会への移行はできるのか
●共創を生み出す「論語と算盤」の「と」の力
●今、私たちは「何」と比較し判断すべきなのか
●幸せを形造る「関係性」の姿
●お金を再定義し、関係性を創るツール
●人が働く理由と幸福の関係
●幸せからお金を逆算する社会の姿とSDGs
●お金のあるべき姿とは
●お金に色をつけギフトしあう「贈与経済」とは
●消費者から生活者への転換
●「見えない未来の主役」と「見えない未来」信じる力
●SDGs実現に社会的インパクトの測定が需要な理由●SDGs時代の資本主義のあるべき姿とは
●新しい社会に必要な3つのキーワード


1部

LIVE配信開催!!
開催に関するお問い合わせは
SDGs支援機構「SDGsx幸福x経営開催事務局」

support@sdgs-support.or.jpまで 

〜新しい資本主義のありかた〜

第3回SDGsx幸福x経営xシンポジウム

2020

11/12

(木)

13時〜17時

LIVE配信開催!!

参加無料!
特設サイトあり

今すぐ参加申込みをする

〜新しい資本主義のありかた〜

第3回SDGsx幸福x経営xシンポジウム

2020

11/12

(木)

13時〜17時

LIVE配信開催!!

参加無料!
特設サイトあり

新しい資本主義のありかた

13:00-14:50

渋澤健氏
日本資本主義の父渋沢栄一氏の玄孫
コモンズ投信(株)
取締役会長 兼 ESG最高責任者

前野隆司氏
幸福学研究の日本第一人者
慶應義塾大学大学院教授

新井和宏氏
共感資本社会の実現を目指す
(株)eumo 代表取締役

これまでの資本主義は貨幣を基盤として発展し、国はGDPの拡大を求め、企業は売上・利益の最大化を目的に、人はお金を重視する生活を送るようになりました。

大量生産・大量消費・大量廃棄の社会が形成される中で貧富の差が拡大し、環境は破壊され、各地で紛争や奪い合いが起こっています。

このような事実を目の前に「このままではいけない、今の社会システムは持続不能である」と多くの人が気づき、社会システムを変革する為に行動し始めています。

新しい資本主義ではその基盤は貨幣から何へと変わるのか?

そう考えるとき、信用、共感、つながり、情報、知恵さまざまなキーワードが思い浮かびます。しかし、それらは現在の企業の決算書には表れない目に見えないものでありまだ明確には定まってはいません。

そこで今回は、メインプログラムに今年3月の第3回シンポジウムにご登壇頂いた幸福学の第一人者である前野隆司氏。渋澤栄一の玄孫でありその考えを現代に合わせた形で伝える渋澤健氏の両名に加え「共感コミュニティ通貨eumo(ユーモ)」のサービスを開始された新井和宏氏をお招きし、前野隆司氏、渋澤健氏と共に、SDGs支援機構代表理事 河上伸之輔がモデレーターとなり「新しい資本主義のあり方」について皆様と一緒に考えるシンポジウムを開催致します。

今すぐ参加申込みをする

〜新しい資本主義のありかた〜

第3回SDGsx幸福x経営xシンポジウム

2020

11/12

(木)

LIVE配信開催!!

参加無料!
特設サイトあり

13時〜17時

開催に関するお問い合わせは
SDGs支援機構「SDGsx幸福x経営開催事務局」

support@sdgs-support.or.jpまで 

松尾佳菜子氏
ABセンターコミュニケーション開発本部 
地域創生ユニット事業推進部 
ソーシャルサービス開発グループ

人手不足と働き方改革、高齢化社会が進む中、行政や事業者だけでなく“市民”がもっと社会に関与していけるような取り組みが必要です。 共生社会に向けて、個人の社会貢献行動を促進&見える化が特徴のスマートフォンアプリ「May ii(メイアイ)」を活用したDNP取り組みをご紹介します。

大川哲郎氏
ソーシャルプリンティングカンパニー
(株)大川印刷 代表取締役社長

2018年、第二回ジャパンSDGsアワード特別賞を受賞。100年以上の歴史がありますが、大川社長が就任される前はごく一般的な印刷会社でした。

紙を大量に使い、人や環境によくない油性インクを大量に使用する印刷業に疑問を感じ、1990年代半ばから環境への取り組みを推進。本業を通じて社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニー®を目指し、FSC森林認証紙の使用、インクは石油系溶剤0%にシフト、再生可能エネルギー100%での印刷を可能するなどの取り組みを進められています。


社員さん、パートさんなど全員でSDGsに取り組み多くのアイデアや商品が生み出されています。どのようにしてSDGsが社内に浸透するようになったのか、SDGsへの取り組みは業績にどう関係しているのか、長く取り組んで来られた実践の様子をお伺いしていきます。

助け合う社会の未来とSDGs

14:00-15:50

中小企業こそできるSDGs実践

15:00-16:50

誰もが幸せに生きる持続可能な社会の本質に迫る!

14:00-15:50

市民のソーシャルアクションを可視化/促進し
 共生社会を作るDNPの取り組み

人手不足と働き方改革、高齢化社会が進む中、行政や事業者だけでなく“市民”がもっと社会に関与していけるような取り組みが必要です。 共生社会に向けて、個人の社会貢献行動を促進&見える化が特徴のスマートフォンアプリ「May ii(メイアイ)」を活用したDNPの取り組みをご紹介します。

松尾佳菜子氏
大日本印刷株式会社
ABセンターコミュニケーション開発本部 
地域創生ユニット事業推進部 
ソーシャルサービス開発グループ
●ありがとうの見える化で生まれるSDGs
●今だからこそ出来る「助け合い」の社会とは
●助け合いで実現する社会課題解決の未来
●SDGsに必要なパートナーシップのカタチ
●May iiが実現する未来の社会

2部

16:00-16:50

「中小企業のSDGs経営」

第2回ジャパンSDGsアワード特別賞 大川印刷の取り組み

2018年、第二回ジャパンSDGsアワード特別賞を受賞。100年以上の歴史がありますが、大川社長が就任される前はごく一般的な印刷会社でした。

紙を大量に使い、人や環境によくない油性インクを大量に使用する印刷業に疑問を感じ、1990年代半ばから環境への取り組みを推進。本業を通じて社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニー®を目指し、FSC森林認証紙の使用、インクは石油系溶剤0%にシフト、再生可能エネルギー100%での印刷を可能するなどの取り組みを進められています。


社員さん、パートさんなど全員でSDGsに取り組み多くのアイデアや商品が生み出されています。どのようにしてSDGsが社内に浸透するようになったのか、SDGsへの取り組みは業績にどう関係しているのか、長く取り組んで来られた実践の様子をお伺いしていきます。

大川哲郎氏
ソーシャルプリンティングカンパニー
(株)大川印刷 代表取締役社長
●SDGs社内浸透の原理原則
●全社員を巻き込み型SDGsの取組み方
●社会課題解決を本業で実践するコツ
●SDGsとビジネスの両立最前線
●ソーシャルプリンティングカンパニー®︎の本質

3部

今すぐ参加申込みをする今すぐ参加申込みをする今すぐ参加申込みをする