プラスチック問題で起きている事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海洋プラスチック


From:深井宣光

実は昨年、プラスチック問題に関する衝撃的な発表があったことをご存知でしょうか?その事実は、近年の海洋プラスチック問題を知っている人でも驚くような内容でした。

では、その内容とは?

「私たちは毎日プラスチックを食べている」


WWF (世界自然保護基金)が2019年6月12日に発表した内容は

「平均すると人は1週間にクレジットカード1枚分(約5g)のプラスチックを 摂取していることが分かった」 (参照:WWF JAPAN(世界自然保護基金 JAPAN)

というものでした。

そして1ヶ月では21g、1年では250gもマイクロプラスチック(5mm以下の極小のプラスチック片)を知らずに食べてしまっているそうです。

しかもその経路は、直接食べる食べ物からだけでなく、空気中からも検出されているそうです。

人体への害は?


人体への害は現在研究中で、はっきりとしたことはまだわかっていないそうです。ですが、決して安心はできずプラスチック問題の解決が必要とされています。

あなたが食べているプラスチックの量がわかる!

WWFのサイトでは、

  • 私たちが知らずに食べてしまっているプラスチックについて
  • 海洋プラスチック問題とは?
  • 一体個人、企業、政府それぞれには何ができるのか?

などを動画も交えてわかりやすく解説してくれています。

[YOUR PLASTIC DIET あなたが摂ったプラスチック量は?|WWFジャパン]

世界で起きている課題の事実を知り、今できるアクションから起こしていきましょう!

sdgs

海洋プラスチック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

農業×福祉のカタチ「ノウフクJAS」

SDGs実現は程遠い|国連事務総長が伝える「SDGs実現に必要な3つのポイント」

前の記事を見る

農業×福祉のカタチ「ノウフクJAS」

次の記事を見る

SDGs実現は程遠い|国連事務総長が伝える「SDGs実現に必要な3つのポイント」

関連記事