【事例】鹿児島から循環型社会への挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs

From:SDGsジャーナル 深井宣光

鹿児島に、30年前から
日本の循環型社会の未来を見据えて

産業廃棄物の適切な処理と
リサイクルを全国に展開している
企業があります。

それが(株)アンカーさんです。

一般的な産廃業社で処理できる
廃棄物は数種類なのに対し

アンカーさんではなんと
指定されている廃棄物全てを
リサイクルもしくは
適切に処理することが出来ます。

では、一体どうやってそれを実現しているのか?

そして、その強みが活かして実現できている
様々なSDGsへの貢献とは?

この他にも、かつては
年間50万トンも海に捨てられていた
焼酎もろみ液を

独自の技術開発によって
畜産飼料、堆肥の発酵促進剤へと
再利用することにも成功しています。

業種業態が違っても
SDGsの取り組み事例を知ることで

自社でもできる思わぬSDGsを
発見できることがあります。

是非アンカーさんの取り組みを
ご覧になってみてください。

↓今すぐアンカーさんのSDGsをみる↓

PS

あなたの挑戦も、今すぐ社会に発信しませんか?

9/11(金)18:00まで 3社限定

SDGsジャーナルxKUSUNOSE&Co.
SDGsへの挑戦応援企画「伝わるアニメ」特別受付中!

今すぐ詳細をみる

関連記事