誰かの犠牲で成り立つ経済を、終わらせよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs

From:SDGsジャーナル 深井宣光

「誰かの犠牲で成り立つ経済を、終わらせよう」

これは、お金のために、他人も
自分の人生も犠牲にしている
社会に疑問を抱き、
立ち上がったある人の言葉です。

そのある人とは
「持続可能な資本主義」の著者
新井和宏さんです。

新井さんは著書の中で
こうも言っています。

==

お客様の声に耳を傾けることは
もちろん大切です。

でも、「もっとやすくして欲しい」と
低価格だけを求めるお客さまの
要望に答える「お客様第一主義」は
果たして本当の「顧客よし」と
いえるでしょうか。

一度価格選好の世界に
足を踏み入れてしまうと、
製造コストや人件費に
メスを入れざるをえなくなります。

結果的に取引先を搾取した入り、
過酷な長時間労働を強いることになってしまう。

誰かの犠牲で成り立つ経済が、
持続可能なはずはありません。

そんな「顧客よし」は偽物です。

引用:「持続可能な資本主義」新井和宏氏著

==

2013年4月24日 バングラディッシュで
死者1138人、負傷者2500人以上を出す
痛ましい事故がありました。

複数の縫製工場が入ったビルが崩落。

死亡/負傷した人たちは
オンボロで劣悪なビルの中で、
低賃金で長時間労働をさせられていました。

そんな生活が嫌でも、生きるために仕方なく。

==

なんて酷い事故だ!と憤りを
感じる人もいると思います。

でも、この事故を起こしたのは
どこかの誰かではなく、
私たち一人一人でもあるんです。

それはどういうことか。

このビルで作られていた服は、
私たちの多くが日常的に
好んで購入している服。

「ファストファッション」と呼ばれる
低価格衣料品メーカーの服を
製造していたからです。

そして、より安くをメーカーが
追求した原因は、
私たち消費者が安さを
求めたからに他なりません。

==

現在、衣料品に関わらず、
食品、雑貨、様々なものが
一体どうやったらこんなに
安く作ることができるのか?

と思ってしまう価格で売られています。

そしてその「安さ」のために
多くの人たちが犠牲になっています。

では、どうすれば、
この課題を解決できるのか?

「安さ」を求めなくてもいい社会とは?

全ての原因の中心にある「お金」とは?
そもそもなんなのか?

今こそ共に考え
共にアクションを起こしてみませんか?

==

誰もが幸せに生きる持続可能な社会の本質に迫る
無料オンラインシンポジウムを開催します。

11月12日(木)13時〜17時
第3回SDGsx幸福x経営シンポジウム
〜新しい資本主義のありかた〜
詳細&無料参加お申し込みはこちら

●スポンサー●


日本から障がい者という言葉と概念をなくす
ミンナのミカタぐるーぷ

これからの時代にふさわしい能力と見識を持つ
世界とつながる女性を育む
東京女子学園中学校高等学校

●後援●

世界の公共メディアとNGOによる
地球の未来についての世界同時アンケート

品川動画スタジオ
オンライン配信・ウェビナー動画撮影
出張LIVE配信完全対応
品川動画スタジオ

#SDGs #幸せ #幸福 #ビジネス #お金 人生

sdgs

SDGs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

今晩(月)19時~LIVE配信|今すぐこんなパソコンでSDGsしてみませんか?

【今週木曜】今年最後のシンポジウム開催!

前の記事を見る

今晩(月)19時~LIVE配信|今すぐこんなパソコンでSDGsしてみませんか?

次の記事を見る

【今週木曜】今年最後のシンポジウム開催!

関連記事