発想の転換でSDGs推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs

今日はシンプルだけれど、
なるほど。その手があったか。

という方法の成功事例をご紹介します。

=========================
From:SDGsジャーナル 深井宣光
=========================

厚生労働省の調査では
2020年の全国の育休取得率は
女性の81.6%に対し
男性は12.65%と
歴然の差が出ており、

まだまだ、育児は女性が
するもの。という認識が強い。

というようにも言われることがある

「男性の育休取得率」ですが、

これは、取得する本人が、育休を取らない。
というだけのものではなく、
職場環境が大きく影響していることが
また別の調査でも明らかになっています。

「育児を目的とした休暇・休業を利用しなかった理由」

の男性トップ3は

1位
・会社で育児休業制度が整備されていなかったから

2位
・職場が育児休業制度を取得しづらい雰囲気だった から

3位
・収入を減らしたくなかったから

となっており、

取れるものなら取っていた。という人たちも
多数いることが伺えます。

ですが、こういった日本の傾向がある中で、
なんと千葉市では育休所得率9割越えを達成しているんです。

総務省の調査では地方公務員の育休取得率は13.2%なので、
9割超えというのは極めて異例と言えます。

では、千葉市では何をしたのか?

それは、




育休取得をデフォルトにしたんです。
どういうことかというと、

これまでは、

申請しなければ「育休なし」だった仕組みを

申請しなければ「育休あり」に変更。

つまり、

育休を取得しない人だけが、
育休を取らない理由を書いて

私は育休を取得しません。と申請をする
仕組みに変更。

その結果、

2013年には、2.2%だった
男性の育休取得率が

2018年 34.3%
2019年 92.3%

と飛躍的に向上していったのです。

この

・デフォルトを変える
・前提を変える

という発想の転換は、さまざまな場面で
転用ができます。

例えば、

かつては、レジ袋はもらえるのが当たり前で
いらない人が、「いりません」と申し出るもので

どれだけマイバックを呼びかけても
使用率の減らなかったレジ袋ですが、

・レジ袋はなしがデフォルト

に思い切った変更したことで
今では必要な人だけが申し出て
購入することが当たり前になりました。

あなたのビジネスでは、どんな場面で
この発想の転換が使えそうですか?

PS

発想の転換でビーチクリーンに成功している
事例はこちら

PPS

豊富な事例で、SDGsの発想がわかる
講演/研修はこちら

sdgs

SDGs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

SDGsクイズ目標13|ばかにできない「ゲップ」|小学生からのSDGs

SDGsクイズ目標13|二酸化炭素の「はっせいげん」|小学生からのSDGs

前の記事を見る

SDGsクイズ目標13|ばかにできない「ゲップ」|小学生からのSDGs

次の記事を見る

SDGsクイズ目標13|二酸化炭素の「はっせいげん」|小学生からのSDGs

関連記事