SDGsやるか、廃業するか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs



From:SDGsジャーナル 深井宣光

もし、皆さんのビジネスを継続する上で
生命線ともいえる元請けから

ビジネスにSDGsを取り入れていないなら
明日から発注はしない。

そう言われてしまったらどうしますか?

SDGsというか言わないかは
問題ではありませんが

ある有名自動車メーカーが

事実、同様の方針を発表しました。
では、その自動車メーカーとは…

Porsche(ポルシェ)

そう、誰もが一度は聞いたことがあるであろう
高級車メーカーのポルシェです。

そのポルシェが約1300もの
サプライヤーに対し

「100%再生可能エネルギーを
使用していない供給業者は
将来的に契約を結べなくなる。」

という公式発表をしたんです。

つまり、

今すぐではなくとも、契約を続けるためには
やるか、やらないかの選択肢はなく
やらない企業は契約対象とはみなされない。

事実上の契約解除。というわけです。

今回のケースでどうかはわかりませんが

今後その他大手のメーカーが
同様の方針を様々な
チェックポイントで定めた場合

下請け企業によっては
それは時として「廃業」を意味する
リスクもあるといえます。

加速するサスティナブルの潮流

冒頭でも触れたように自社の取り組みが
「SDGs」というかどうかは問題ではなく、

ビジネスのあり方が

  • 売り手=企業
  • 買い手=エンドユーザー
  • 世間=社会

の三方よしが当たり前の価値観は
世界的に加速していくとみられ、
自社が本気で取り組み出した時気づくこと。

それは、自社が頑張るだけでは
影響力はとても小さく、売れれば売れるほど
下請けでは環境破壊が起こっているとしたら本末転倒。

社会問題解決に繋がっていく仕組みを作るには
本気で周囲を巻き込む必要があるという現実。

だからこそ、自社のビジネスに関わる
全てのサプライヤーにサスティナブルな条件を
求めることは当然な流れと言えます。

事実、東京オリンピックでは
大会開催のために必要な物品や
サービスを調達するための基準として

「持続可能性に配慮した調達コード」基本原則
が2016年時点で打ち出され、

オリンピックに関わらず、今後も様々な
場面の入札条件などに盛り込まれることも
考えられます。

当然ながら「うちやってます!」
と言えばいいだけの条件を求められるわけはなく
本質的な取り組みが必要と言えるでしょう。

SDGsの認知率は年々高まっているものの
まだまだ、やった方がいいの?

とSDGsをやる=SDGsが目的
に感じられている傾向がありますが

SDGsは目的ではなく、未来へのきっかけの一つ

みなさんはSDGsをきっかけに
サスティナブルが当たり前なビジネスと社会に向けて
どんなアクションをしていきますか?

sdgs

SDGs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

サスティナブルファッションとは?|「オシャレ」で始めるSDGs!?

売れてる「SDGs」と売れていない「SDGs」の違いとは?

前の記事を見る

サスティナブルファッションとは?|「オシャレ」で始めるSDGs!?

次の記事を見る

売れてる「SDGs」と売れていない「SDGs」の違いとは?

関連記事