実は誰でもやってる身近な「SDGs」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs

From:SDGsジャーナル 深井宣光

SDGsは2030年までに達成すべき
世界の目標!

なんていうことを聞くと
何だかスケールが大きいですし

うちの会社でもやれることってあるの?

と思ってしまいますよね。

でも、みなさんの会社が
どんなビジネスでも
どんな規模でも
必ず、既にSDGsなアクションをしています。

実際はやれることってあるの?というよりも
既にやっていることだらけなんです。

例えば、

  • 手洗い

これは立派なSDGsです。

何をふざけたことを。と思った方も
いるかも知れませんが、

日本で暮らしている私たちは
石鹸を使って手が洗えない。という問題を
とっくの昔に解決してしまっているだけなんです。

事実、水と石鹸を使って手洗いができる場所が
家にない人は世界に約23億人。
感染症で命を失う危険と隣り合わせで生活をしています。
(書籍「小学生からのSDGs」p60参照)

でも、驚くことに、感染症対策に最も
簡単で効果的とも言われるこの手洗い。

消費者庁の調査では、なんと日本人の
15.4%の人が
トイレの後に手を洗っていない…

という調査結果が出ています。

(参考:消費者庁「消費者の手洗い等に関する 実態調査について」)

ですので、

複数の人が共用している社内で
トイレの後の手洗いを
推奨することも立派なSDGsです。

といったように

私たちの生活を支えている
当たり前の暮らしは
SDGsだらけ。

そんな当たり前のことが、
今、例にあげたトイレの手洗いのように
日本でもできていない人たちがいる問題があったり
しているわけです。

SDGsって難しい…

そんな空気の漂っている会社では、
まずは、こういった、

「当たり前すぎることも、実はSDGs」

ということを知ってもらうと
今より一歩
SDGsが社内で身近になっていくので
お試しください。

PS

社員さんにもわかりやすい!
SDGs研修・無料資料ダウンロードはこちら

sdgs

SDGs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

SDGsクイズ| 目標11「安心できるまちづくり」|小学生からのSDGs

SDGsクイズ目標12|プラスチックの「責任」|小学生からのSDGs

前の記事を見る

SDGsクイズ| 目標11「安心できるまちづくり」|小学生からのSDGs

次の記事を見る

SDGsクイズ目標12|プラスチックの「責任」|小学生からのSDGs

関連記事