なぜSDGsの実現には、今こそ「消費者」をアップデートすべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs

From:SDGsジャーナル 深井宣光

先日、テレビをみていたらふと
ものすごく引っ掛かった言葉があります。

それは「消費者」という言葉です。

なぜ、商品を買う人のことを
「消費者」というのか?

これまで違和感を
覚えたことのない程、この言葉に
とてつもない違和感を感じました。

そこで、いても経ってもいられず
あらためて、そもそもの
「消費」とは?が気になり
大辞林で調べてみたところ

「消費」とはこう書かれていました。

「消費」とは?

>物・時間・エネルギーなどを
使ってなくすこと

>欲望充足のために、生産された財貨
サービスを使うこと

違和感の原因がわかりました。
きっと、この記事を読んでいる方も
同じ違和感を感じてはいないでしょうか?

今社会は持続可能な未来にむけて

使ってなくす、費やして消す社会ではなく、
循環型の社会を目指しています。

そして、その取り組みは日本だけでなく
世界中で広がり始め

サーキュラーエコノミー
=循環型社会という
ことばも生まれています。

 

また、SDGsは、売り手よし、買い手よし
社会良しの三方よしそのものである。
とも言われるように

欲望の充足。といった利己ではなく
利他の中に利己があるべき社会に
向かおうとしています。

 

つまり、「消費者」という言葉の定義は、
私たちがこれから実現しようとしている社会とは
大きく概念が異なっていたんです。

「費やして消す」者たちではなく
アップサイクルやリサイクルによって
「脱消費」社会。

このことについて11月12日のシンポジウムに
ご登壇いただく(株)eumo代表 新井和宏氏は
著書「共感資本社会を生きる」の中でこう書かれています。

「消費者から生活者へ」
※生活者=活かして生きる人

商品の購入者が「費やして消す」人なのか
消費せずに「活かして生きる」人なのか

売り手と買い手が共に意識を変えることができれば
SDGsは飛躍的に加速します。

今、私たちはこれまでの「あたりまえ」の概念を
疑って、アップデートするべき時が来ています。

PS

あなたの思考をアップデートする
無料シンポジウム開催!

11月12日(木)13時〜17時
第3回SDGsx幸福x経営シンポジウム
〜新しい資本主義のありかた〜
詳細&参加申し込みはこちら

●スポンサー●


日本から障がい者という言葉と概念をなくす
ミンナのミカタぐるーぷ

これからの時代にふさわしい能力と見識を持つ
世界とつながる女性を育む
東京女子学園中学校高等学校

●後援●

世界の公共メディアとNGOによる
地球の未来についての世界同時アンケート

品川動画スタジオ
オンライン配信・ウェビナー動画撮影
出張LIVE配信完全対応
品川動画スタジオ

sdgs

SDGs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

なぜ、社会課題解決=SDGsが必要なのか?

よくある「幸せ」の勘違い

前の記事を見る

なぜ、社会課題解決=SDGsが必要なのか?

次の記事を見る

よくある「幸せ」の勘違い

関連記事