SDGs|目標13 気候変動に具体的な対策を|危険ラインは2℃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs 目標13 気候変動に具体的な対策を

目標13 「気候変動に具体的な対策を」とは?

この目標13は、「気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講 じる」のテーマのもと、5個のターゲットから構成されています。

SDGs 目標12 ターゲット

目標13を構成する5個のターゲット

13.1 すべての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靱性(レジリエンス)及び適応の能力を強化する。
13.2 気候変動対策を国別の政策、戦略及び計画に盛り込む
13.3 気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。
13.a 重要な緩和行動の実施とその実施における透明性確保に関する開発途上国のニーズに対応するため、2020年までにあらゆる供給源から年間1,000億ドルを共同で動員するという、UNFCCCの先進締約国によるコミットメントを実施するとともに、可能な限り速やかに資本を投入して緑の気候基金を本格始動させる。
13.b 後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において、女性や⻘年、地方及び社会的に疎外されたコミュニティに焦点を当てることを含め、気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための能力を向上するメカニズムを推進する。

なぜ、目標13「気候変動に具体的な対策を」が必要なのか?

SDGs 目標13(引用:国連開発計画(UNDP)http://www.jp.undp.org/content/dam/undp/img/sdg/goal-photos/Goal13_climate_2015.jpg)

それは、私たち人間が引き起こしている気候変動が、深刻に地球の将来を脅かしているからです。

温暖化は本当に深刻なの?

温暖化の危険ラインを知る

温暖化にはこれ以上気温が上がらないように決められた世界共通の長期目標があります。

その長期目標で示されている具体的な温度上昇抑制の目安は「世界的な平均気温上昇を産業革命前(1880年)に比べて2℃以下に抑えることを目標とし、1.5℃以下に抑制することを努力目標とする」とされており、

この温度は2015年11月30日〜12月13日にフランス・パリで開かれたCOP21にて「パリ協定」として採択されました。

(参照:内閣官房公表資料https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kikouhendou/dai4/sankou2.pdfより)

COP21とは

気候変動枠組条約締約国会議(Conference of Parties)の略称で、英単語の頭文字をとってCOP(コップ)と呼びます。「21」という数字は第21回目のCOPのことを指しています。

パリ協定とは

2020年以降の地球温暖化対策に関する国際的枠組みを定めた協定のことです。

温暖化の現状

IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)の報告書によると観測事実は以下の通りとされています。

  • 温暖化については「疑う余地がない」
  • 1880~2012年において、世界平均地上気温は0.85℃上昇
  • 最近30年の各10年間の世界平均地上気温は、1850年以降のどの10年間よりも高温。
  • 海洋は人為起源の二酸化炭素の約30%を吸収して、海洋酸性化を引き起こしている。
  • 1992~2005年において、3000m以深の海洋深層においても水温が上昇している可能性が高い。
    (引用:IPCC http://www.jccca.org/ipcc/ar5/wg1.html)

つまり、パリ協定で定められた数値に対して残されている温度少々幅は、

  • 長期目標2℃ラインまであと  1.15℃
  • 努力目標1.5℃ラインまであと 0.65℃

しかありません。

IPCCとは

人間が引き起こす気候変化の現状や影響、評価を行うことことを目的に、1988 年にUNEP(国連環境計画)とWMO(世界気象機関)により設立された組織のことです。

危険ラインを超えるとどうなる?

SDGs 目標13(出典)全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より)

危険ラインの2℃は、人間がなんとか自然と共存して耐えられる限界レベルといわれており、極めて危険な状態です。

大型台風の頻発、海面水位の上昇により高潮の発生、食糧不足による飢餓、環境変化に耐えられず絶滅する生物の増加、マラリアなどの伝染病が蔓延等々。
温度上昇に伴い、人類存続に関わる深刻なリスクが発生します。

2100年までの気温上昇予測

SDGs 目標13(出典)全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より)

この図はJCCCA:全国地球温暖化防止活動推進センターが公表している1950年から2100年までの温暖化予測を表したもので、1950年からの気温上昇値を示しています。

2025年〜2030年(SDGsの目標年)辺りの上昇温度は 1.5℃を超え

2050年には 2℃

2081年〜2100年には 最大4.8℃の温度上昇が予測されています。

気温が2℃上昇した2050年の日本はどうなっている?

2050年の天気予報(NHK)

地球温暖化に関わる目標

地球温暖化を防ぐには二酸化炭素を出さないクリーン なエネルギーが必要不可欠な為、目標7「エネルギーみんなに そしてクリーン」にはクリーンエネルギー(再生可能なエネルギー)に取り組むことでの目標実現が掲げられています。

ぜひSDGs目標7も合わせてご覧ください。

SDGs 目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンにわかる!17の目標【目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに】

PS

そもそもSDGsってなんだっけ?という方はこちらをクリック

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA