SDGs|目標16 平和と公正をすべての人に|誰一人取り残さない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGs 目標16 平和と公正をすべての人に

目標16 「平和と公正をすべての人に」とは?

この目標16は、「持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、 すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレ ベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する」のテーマのもと、11のターゲットから構成されています。

SDGs 目標16

目標16を構成する11個のターゲット

16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴力及び暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
16.2 子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。
16.3 国家及び国際的なレベルでの法の支配を促進し、すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
16.4 2030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
16.5 あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。
16.6 あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
16.7 あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型及び代表的な意思決定を確保する。
16.8 グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する。
16.9 2030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する。
16.10 国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
16.a 特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでの能力構築のため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する。

なぜ、目標16が必要なのか?

目標16が必要な理由

SDGs 目標16

それは、持続可能な世界を実現するためには、世界中の人たちが、

差別されることなく、暴力を受けることなく、

災害や紛争に苦しむことなく、

安全で安心な生活を送り、

同じ立場で公正に話し合い、助けあい、

一緒に世界平和の実現に取組む必要があるからです。

SDGsのスローガンである
「誰一人取り残さない-No one will be left behind」を達成する目標。それが目標16とも言えます。

世界が抱える平和への課題

「紛争と災害」

SDGs 目標16

紛争や災害によって世界中にいる5億3,500万人の子ども(15歳未満の男女)たちが、不安定で不安に包まれた暮らしをしています。

世界の子ども人口約19億1580万人なので、約4人に1人の子どもが紛争や災害によって苦しい生活をさせられていることになります。

(参照:統計庁https://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d1120.html)

「紛争と災害」によってが奪われる、生きられるはずの「命」

子どもたちが健康な体を作り、成人に成長する為には適切な予防接種や医療が欠かせません。

しかし、紛争や災害にあっている地域では十分な医療を受けることができない為、毎年600万人以上の子どもたちが亡くなっています。

医療格差に関する詳細はこちらSDGs 目標3 すべての人に健康と福祉をわかる!17の目標【目標3 すべての人に健康と福祉を】

「紛争と災害」によって奪われる、子どもたちの「未来」

なんとか命を落とさずに生きることができても、子どもたちが奪われているものはまだあります。

それは「教育」

開発途上国では5,700万人

世界中では約2億6,400万人

の子どもたちが学校に通えていません。

彼らは字が読めない、書けないが為に労働の機会を失い、児童婚を強いられるなど光り輝くはずの未来を奪われています。

「質の高い教育」を届ける為に実現した大改革の詳細はこちら
SDGs 目標4 質の高い教育をみんなに
わかる!17の目標【目標4 質の高い教育をみんなに】

(参照:ユニセフ「世界的教育危機」https://www.unicef.or.jp/news/2017/0202.html)
(参照:国連広報「ファクトシート」http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/15775/)

もし、あなたの子どもが、毎日悪夢を見ているとしたら?

 
悪夢ではなく、実際に苦しんでいる子どもたちのが世界中に5億3,500万人います。

性的少数者「LGBT」

SDGs 目標16 LGBT

(引用元:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本「Love Beyond Genders」キャンペーンサイトよりhttps://www.amnesty.or.jp/lp/lbg/)

「LGBT」とは?

L=レズ(女性同性愛者)、G=ゲイ(男性同性愛者)、B=バイセクシャル(両性愛者)、T=トランスジェンダー(心の性別と体の性別の不一致)といった性的に少数派になっている人たちの頭文字を繋げて、総称として用いられている言葉です。

「LGBT」の課題は最も身近で、誰もが経験!?

あなたが言ったり、言われたり。こんな経験していませんか?

  • 男のくせに女みたいで気持ち悪い
  • ホモっぽい
  • おかまじゃないの?
  • あの子レズじゃない?

これはLGBTの人たちが抱える、学生時代によくある困難の一例です。

そういえば自分も言ってしまったことがある。
言われて嫌な思いをしたことがある。

ということを経験したことがある人は、些細な冗談を含めると結構多いんじゃないでしょうか?

ここに大きな問題があります。

それは、今あげたような一言を、何気なく言っている時の気持ち。
それこそが、すでに「差別」の始まりということです。

私たちの周りにある「差別」

今回は、LGBTというテーマから「差別」という課題の話になりましたが、同じように、

  • 太っている、痩せている
  • 髪が薄い、薄くない
  • 目が大きい、小さい
  • 背が高い、背が低い
  • 肌の色が黒い、白い、黄色い

といった身体的違い。人種の違い。

  • 仏教
  • キリスト教
  • イスラム教

といった宗教的違い

様々な違いがある場面で起こっている、そういった無意識の「差別」が暴力や紛争にも繋がってます。

性の違いによって起こる「差別」についてはSDGs目標5も合わせてご覧ください。

SDGs 目標5 ジェンダー平等を実現しようわかる!17の目標【目標5 ジェンダー平等を実現しよう】

今すぐできる目標16

今すでに起こっている国際的な紛争を、一つの企業が直接解決することはできないかも知れません。

でも、目標16実現の為には、今すぐにでも私たちにできることがあります。

それは、あなたの会社、家族、友人。コミュニティにいる人たち。
そういったところにいる一人一人に価値感の違いを否定するのではなく、多様性をお互いに受け入れ合うこと。

これは今すぐ私たちができる目標16の取り組みではないでしょうか。

一緒にSDGs目標16「平和と公正をすべての人に」を実現しましょう!

 

PS

そもそもSDGsってなんだっけ?という方はこちらをクリック

関連記事

コメント

  1. ああああ より:

    性的少数者「LGBT]のGのところなんですが、女性同性愛者が、L=レズ(女性同性愛者)、と表されているのに対し
    男性同姓愛者が、G=ゲイ(男性愛者)、と表されていますが、これでは女性の異性愛者の方も含まれてしまうのではないでしょうか、
    G=ゲイ(男性同姓愛者)という表現のほうが適切ではないでしょうか。

    1. 深井 宣光 より:

      発信をご覧頂いておりありがとうございます。コメント頂いたように>G=ゲイ(男性同姓愛者)という表現が適切ですねm(_ _)mコメントを下さりありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

CAPTCHA